スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

20110701221309.jpg


シリーズ?の二作目


になる

しかし

ストーリーとか

感想とかの前に

なぜ

原題に

変な+アルファー

を日本の会社はするの?

そこは気になる…

DVDラベル

など殆ど変わらないし

初めてこのシリーズを見る人がいるとしたら

この

二作目から見てもおかしく無いと思う。


ふぅーちょっとすっきりしました(笑)



◎あらすじ


フィル(ブラッドレイ・クーパー)

アラン(ザック・ガリフィアナキス)《ダグの義理の弟》

ダグ(ジャスティン・バーサ)

スチュ(エド・ヘルムズ)とローレン(ジェイミー・チャン)

の結婚式のためにタイをみんなで訪れる。

皆はトラブルメイカーのアランを渋々ながら同行

ローレンの弟のテディ(メイソン・リー)、秀才も皆とタイに向かう

しかし、焼きもちやきのアランは気を許さない

ローレンの父親(ニルット・シリジャンヤー)はスチュを相当嫌い

婚前パーティでの挨拶も彼をいびりつづける

そんな夜の終わり

スチュ、フィル、ダグ、アラン、テディの5人は

ビーチでキャンプファイアを囲み、

前回の反省を踏まえてビール1本だけの乾杯する

が…

気がつくと

知らないホテルの一室。

今度は、テディがいない…

スチュはローレンの弟と言う事と

義理に父に嫌われているのもあり

スチュを探し出すまで戻らないと言い

前回同様の方法で

記憶と人を探しに行く



うーん!!!


なんだろ

二作目制作して失敗感丸出の映画ですね

一作のインパクトが凄くあった分

二作目を期待する人も多かった思う。

上手く、期待を裏切る映画です。

wikiに記載されていますが、

批評家からも

1作目と比べてより残酷で、暗く、だらしないカーボンコピーであり、オリジナルをヒットにさせる要因となった意外性(面白さの大部分)が欠いている

と評価され

相当叩かれていると思う。


個人的に、


女優で好きになりそうな人が出演
ローレンを演じる=ジェイミー・チャン
jamie1.jpg


こんなアジアンな女性が洋画に出てると惹かれてしまいます(笑)

★は

★★・・・

★2です

私も期待していた一人ですので期待していた心がおられた感が

否めない…
スポンサーサイト
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | Home | ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。