スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11

もう、三年!?

まだ、三年!?

東日本大震災からの歳月の捉え方は人それぞれ…


ツナミで子供を無くした親御さん達の憤りのない悲しみは今も学校相手に今も裁判で争っているとか…。


津波で死亡、大川小遺族が提訴 石巻市と県に23億円請求



言葉では、表現しきれない感情がある。



3年前の状況でまさかあんな凄いツナミが誰も来ると思わなかったし、凄い地震と思わなかっただろう。


ひげ遅れる人も多く、未だ行方不明者が2000人以上いるとの事。


そんな状況で、責任の所在をはっきりさせるのは困難だと思うが子を無くした親を思うと悔やんでも悔やみきれない気持ちはある。

正直、お金で解決できる問題かと思う!?所はある。




そして、

原発の問題。

震災当時より、メディアの露出や反原発についての話しはなくなったものの


ちょくちょく原発関係の問題がテレビで取り上げられているのも事実…


だけど、日々の生活の中でさほど気にすることもなくなってしまった。


そういう意味では、一年に一度この日は地震原発の事を考える良い機会になる。



【3.11】福島第一原発の収束作業現場は3年でどう変わったか? ベテラン作業員のハッピーさんに聞く

最後の部分、国家プロジェクトの部分は震災当時も誰かが言っていたが実現しなかった…

作業員の方に支えられている事にも感謝。



今日で3年、色々な気持ちで今日を過ごす人がいると思うがみんなにとっていい一日でありますように。





福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間/河出書房新社

¥1,680
Amazon.co.jp



ペタしてね
スポンサーサイト
宇宙兄弟 | Home | SHINOBI

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。